お客様の声

  • HOME
  • お客様の声

お客様より頂いたお声を改善例としてご紹介いたします。

子宝に恵まれず、病院に相談

子宝希望のお客様で、結婚一年以上子宝に恵まれず、病院に相談。
お薬を服用しながら取り組むが結果が出ずにご相談に見えられた。
高温期が短く低温気が安定しないことがわかりました。

先ずは体作りを推奨し取り組んで頂きました。
血液を養い、増やしていく漢方薬と体調を整え、栄養バランスをとるために微量ミネラルを加えた処方で2カ月後、体温が安定してきて体調の良さを実感できるようになりました。
服用後4カ月にて早くも妊娠陽性反応。

膝関節の痛みと腰の痛みが続き夜も眠れない。

膝や腰の関節が痛み、寝がえりも出来ず、3日以上眠れない症状が続く。

体内の「炎症物質」を取り除くため漢方薬2種類を頓服的におすすめ。その日のうちに効果が出て2日目にはしっかり眠れるまで回復。
先生から一言
全身のむくみが感じられたため、体内の水の調整をしたことが良い結果につながったと思います。

緑内障で眼圧が下がらない。頭痛や眼の奥の痛みがしばしば発症。

緑内障で眼圧が下がらない。病院での治療を受けているが眼圧の降下が見られない。

血の巡りを改善することがまず先決ということで漢方を一日3回服用していただく。
最初の1ヵ月は痛みが減りなんとなく調子が良いとのご意見を頂く。
2ヵ月目には眼圧が基準内に収まり効き目を実感される。現在も服用中。

長年悩まされていた生理痛が楽に

生理のたびに下腹の痛みと、足のしびれが強く、会社に行けない時もありました。
「生理痛ののぼり」を見て思い切ってご相談してみました。

漢方薬と健康食品(サプリメント)を同時に服用して初めての生理の時、痛みの少なさに驚きました。
今までの辛さからすれば3分の1程です。
これからも続けて服用していきますが、漢方薬がこれほど効果があるものかと思いましたが、相談して良かったと思います。

めまい、ふらつきの苦しみが激減。

季節の変わり目には必ずめまいを起こしその後はふらつきが長期にわたって続く。
とご相談を受ける。
50代女性。体質はやせ形で、舌の色は白く浮腫み感がある。
夜の眠りは浅く夢を見。家にこもりっきりの日々に悩む。

眠りが浅く、浮腫み感があることからこの二つを取り除く漢方薬と代謝を上げていくための栄養素を加えた漢方(3種類)をご紹介し服用していただく。
服用後、肩こりや不安感といった症状が軽くなっていくことを実感された。
その後2カ月ほどでほとんどふらつき、めまいはなくなり元気になられた。
現在は血の巡りを良くする漢方薬のみ服用を継続している。

視力の低下とドライアイのご相談。

目の疲れとドライアイがひどく視力が急激に落ちてきた。
最近では眼鏡をかけても車の運転に自信が持てず、不安な状態が続く。70代女性。

血糖値も高く眠りも浅いということで、補腎薬を中心にし、体の津液を増やす2種類の漢方薬を服用していただく。
最初は変化が出なかったが「目のピントが合うのが早くなった感じがする。」と言われて、引き続き服用を実施。
体全体の調子が良くなると同時に車の運転の不安も軽減。服用前よりドライアイも改善方向に向かっている。
最低3カ月の服用をおすすめし、補腎薬は続けていただけるようにしたい。

不眠についてのご相談

8年以上に渡り不眠に苦しむ。というご相談をお受けする。60代男性。
まったく寝れないことがないが、毎晩3回以上目が覚めてしっかり眠れたという記憶がない。
朝方少しは寝ているようだが昼間が毎日きつく体がだるい。病院や市販薬は服用していないとのこと。
お仕事は自営業で食事は不規則とのこと。

リラックスできるように入浴後早めの消灯など食養生についてもアドバイス。
気を落ち着かせるための漢方薬と体の栄養バランスを取っていただけるよう健康食品と合わせて服用いただく。
1週間が過ぎたころ朝からの体調がよいが眠りは相変わらずとのご報告。
体調が良いことで喜びの声をいただく。3週間過ぎたころには朝方1時間ぐらいぐっすり眠れてきたとの報告を受け、「効果が感じられた。」と喜ばれていた。現在も同じ漢方薬と健康食品を服用中。

子宝相談。冷えの症状でお悩み

4カ月前から子宝相談と冷えのご相談を頂く。高温期と内膜について問題があるとの内容。
冷えについては以前からご自分でサプリや漢方薬を服用し改善のご努力をされている。
漢方薬と栄養素を中心に取り組んでいただき、生活習慣として体を冷やす食品、外的要因の両面についてお伝えする。

服用後冷えと体調について改善がみらたとのご報告。現在も服用継続中。
病院での検査結果も良好でタイミングの話をされている。
冷えと体調面の改善で明るくなられた。
また子宝についてもご自身の自信につながるとのご意見を頂く。

慢性疲労

身体が「きつく」「やる気」が出ないことが多い。
慢性疲労を起こしていると判断。
夜の眠りも浅く何度も目が覚める。
補腎薬と補気、補陰を中心に2種類の漢方薬をご提案。60代女性。

服用後、直ぐに体調の変化に気づかれる。夜も目覚めの回数が減ってきたと報告を受ける。現在も漢方薬1種類と健康食品を服用中。かぜを引かなくなったことと、スタミナが出て来たとのご意見もあり。
先生から一言
身体の胃腸バランスと潤いを与えることで、慢性疲労を癒したのだろうと考える。また栄養バランスをとるためにミネラル群を摂ることも相乗効果があったように思う。

普段からの頭痛、首のコリ

普段から頭痛や首のコリに悩まされていて週に5回以上痛み止めを服用。
特に生理前はひどく家事もできなくなるほど。
病院での検査では良性の頭痛とされ、痛み止めのみの処方と漢方薬をもらって服用するが繰り返す症状ということでご相談をお受けする。

睡眠の改善またストレス(緊張)の改善を重点に置き、漢方薬2種類と栄養補助食品をおすすめ。
また生活習慣の改善として血行の悪くなるような食品や冷えを生じるような食べ物を減らしていただくようにお伝えする。
1カ月経たないうちにまず頭痛の軽減がみられる。痛み止めの服用が3分の1までに。体調が良い日が多くなり現在は漢方薬1種類、栄養補助食品1種類で継続中。
先生から一言
血行が良くなっていることと、気血両虚がみられ生活習慣が原因であることが分かった。
呼吸法やストレッチ法などを取り入れることでさらなる改善も期待できると思います。

夜中にどうきや不整脈を感じる。

60代男性。
不整脈は以前から病院で指摘されていたが、毎晩夜中にどうきを感じるようになった。
寝汗も多く、ストレスを多く抱えている。一度どうきを感じると後が眠れない。漢方2種類を一日3回服用していただくと同時にミネラル成分を摂取いただく。

服用後1週間目で寝汗の量が減ったのと、どうきの回数が少なくなるとの報告を受ける。
別の漢方を加え、眠りについても改善が見込めるように提案。
現在は症状が落ち着いている。